大阪府の不動産会社の事を少し知って条件よく部屋を探しましょう

サイトマップ

不動産屋

物件を探す際の不動産会社

引っ越しをする際に物件を探すのに不動産会社に行くと思います。その際に、同じ物件をいくつもの不動産会社から紹介されたことはないでしょうか。これは、不動産会社の中でも、賃貸や売買などの仲介を主に行っている不動産会社で良くある話です。
なぜこのような事が起こるのか。駅前などには不動産会社が沢山ありますが、空き物件などは、数が限られています。そうした中で、同じ物件を何処の不動産会社も共有して賃貸の窓口になっているからです。
では、どうすればより良い条件で部屋を借りる事ができるのか。これは、結構簡単な話なのですが、不動産会社には、仲介・管理・販売と役割がわかれている場合が良くあり、仲介店などは部屋の大家さんに直接交渉する事は少なく、大体は管理会社との交渉をしています。この間にはいる事で、入居者と管理会社から紹介料をもらい運営しているのです。
この事を解れば、住みたい部屋がある場合、そこの管理会社を調べて、管理会社に直接連絡するのです。そうすれば、管理会社は大家さんの代わりになる事と、入居率を上げたいので、ある程度の交渉には乗ってもらえます。そして、仲介店を通さないので、管理会社からすると、仲介店に渡す紹介料を払わなくて済む分、礼金などの一時金も安くなるケースがあります。
不動産会社の事を少し知っているだけで、条件よく部屋を探しましょう。

地元の不動産会社のメリットについて

わたしは会社の家賃補助で賃貸マンションに住む生活を10年以上継続しています。
もちろん、その間に転勤もありましたがそのつど、転勤先の地元の不動産会社にいろいろお世話になって住まいを探してもらっています。インターネットも便利なのですが何よりも地元の不動産会社にお願いした際のメリットは全く知らない土地でもいっしょにまわってくれるところです。そしてその土地の状況、これはいいところも悪いところもしっかり教えてくれるのでこちらとしては失敗が少なくて安心できるというメリットを感じることができます。
もちろん、インターネットに上がるような物件はどこでも競合他社でもとりあげるところなので掘り出し物、地元の不動産会社ならではの物件を常に保有していることがあります。実際に現地調査するとなれば、複数件を確認して決めることになるので事前の候補以外に見たい場合に融通が利くことになると思います。これが自分自身がインターネットで探してきただけであればいざ、現地で窮したときでも対応が難しいというのが現実ではないでしょうか。
きっと、こうした現地の不動産会社に依頼したほうがメリットは高いと思います。また、最初に近隣にも声をかけておいてもらえたらすみ始めた際にも非常に安心感を得ることをでくるのではないでしょうか。

不動産会社の需要性は高い

不動産においては様々な物件を取り扱っており賃貸物件、中古物件の売買などに関わっており借主・買主と家主との仲介役であり仲介業者とも呼ばれております。
賃貸物件、利用者が最も多いとされる物件でありマンションや一軒家など様々な住宅を取り扱っており月々に決められた金額を支払う事になり一般的に家賃と呼ばれ家主へお金を支払います。その他にも修繕積立金などもあって、建物の劣化や破損した所を修理する為に月々から一定額を家賃とまとめて徴収する所もあります。
契約にあたり不動産会社が仲介役を行い借主と家主との契約を行います。その後の月々の支払いに関しては建物を管理する管理会社などが請け負う事が多く家賃や積立金などの物件に関わる管理を行います。
中古物件の売買、家主が購入した物件を売買するのに買主とのやりとりを不動産会社の仲介によって行なわれる事が一般的ですが、契約後お金のやり取りは高額となる為1度に支払うのは難しいので契約したローン会社が先に家主へお金を支払い、買主からは物件費用を月々の支払いとして決められた金額を受け取りますが、買主に支払い能力がないと判断されたら契約をする事が出来ず他の買主を当たる事になります。
その他にも土地物件や駐車場の契約など様々な物件の仲介役を行う為、不動産会社の需要性は高いです。

トピックス

TOPへ