大阪府の不動産会社の事を少し知って条件よく部屋を探しましょう

サイトマップ

不動産屋

不動産売買をする時は自分に合った契約方法で

不動産の売買を不動屋に依頼するのなら、できるだけ大手の不動産業者に依頼した方がいいです。大手ならではの販売網を持ち、営業マンのレベルも高いものを期待できます。広告を出す時も問い合わせ先が名の通った大手不動産業者なら、お客さんも問い合わせするのに不安が少ないという利点があります。
特に専任契約で売買をする予定ならなおさら大手に依頼しましょう。中小不動産業者のなかには、売主の希望販売価格で売却できる能力のある営業マンが少なく、売主が仕方なく売却価格を下げて自分達が売りやすい値段になるまで待ってからでないと動かない所もあります。どうしても希望価格を譲れない場合は、専任契約より一般契約にした方がいいでしょう。一般契約ではすべての契約した不動産屋が公平に競争しながらお客さんを探してくれます。
広告を打つのも平等、努力した業者がお客様を捕まえ契約に至るまでの世話をしてくれます。しかし、専任契約ではその契約した不動産屋にお客様がつかない限り、契約には至りません。
ですのであまり熱心ではない営業マンが担当者になると、なかなか契約まで結びつかないことがあります。その点一般契約は皆が平等に競争するので契約まで至る期間は短くてすむケースが多いです。

トピックス

TOPへ