大阪府の不動産会社の事を少し知って条件よく部屋を探しましょう

サイトマップ

不動産屋

不動産営業になるという事は

不動産営業になりたい皆さんはどういうイメージを持っていますか。億ションや一戸建てを売っているからお金がありそう、繁忙期以外は暇をしていそうとは思っていませんか。それは大きな間違いです。不動産営業になるという事は、休みの少ない他業種での平均給与で働くと言っているような物です。
まず、休みについてですが週休二日制と言っても繁忙期は週に一日あるか、もしくはない場合もあります。一概には言えませんが、それによって体調を崩す人や辞めていく人も多く、離職率は他の業種よりも高くなっています。また、体力と精神勝負なところがあり生涯現役というのも難しく、内覧に行くと若い人が多いのはそのためです。
次に、給与面は固定給と歩合給で決まり歩合給の割合でいくらでも増減しますが、平均年収400万円と決して高くはありません。また、繁忙期以外は顧客の獲得に追われて一人の顧客でも逃したら歩合給がないという事もザラです。それでも自分の頑張りが給与に反映される面ではやりがいもあり、年収1000万円の氷山の一角に入る事が出来る可能性もあります。
ただし、年収上位の人でも辞めていく傾向や内勤職になるなど営業として長期活躍する人はやはり少ないです。中には短い期間歩合給で稼ぎ、目標額まで貯金したら辞めるという人も居ます。
最後に、不動産営業になるのであれば、体力と気力はもちろん、ノルマや接客にも割り切れなければ続けていけないと言えます。

トピックス

TOPへ